研修生による事例報告③(40代男性/職場での対人関係によるストレス)

事例概要

自分への信頼を取り戻すことで、現実と向き合う力を得る
クライアントは、40代男性でヨガ未経験者。職場での対人関係によるストレスでの休職時、セッションを受け始める。セッション開始時は、他者からの答えや評価を求める傾向があったが、自分自身の感覚や感情を大切にするよう促されることで、次第に体験の中で起きる感覚や感情を受容し、信頼するようになる。社会復帰することへの葛藤があることに気づくが、体への信頼が生まれたことで、自分を尊重する行動を選択するようになり、対人関係にも変化が生まれてくる。

個人セッション実施状況

2016年10月~11月、計6回

報告者

村上史子
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー養成コース 研修生(当時)
[現在、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピスト

レポート全文を読む
(当レポートは、2016年1〜12月に開催されたPRYT養成コースの最終課題として提出されたものです)

PRYTとは
PRYT養成コース案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です