現代人にとってのヨガセラピー(三浦敏郎)

情報が溢れる社会の中で、私たちは不便なことや迷いがあると、すぐにネットなどでその問題を解決する方法や結論を知りたがる傾向が強くなっていないでしょうか。非常に便利で効率的な一方で、膨大な情報に巻き込まれ、冷静に自分の力で考えられなかったり、自らの体験から時間をかけて学ぶ余裕すらなくなっているように感じられます。

些細な問題でも早急に「私はどうすべきか?」とその解決を求める心の焦りと、仮に解決法を見つけても、「私にそれができるだろうか?」と、今度は自分に対する不安感から来るストレスは、便利で効率的で完璧な社会を目指してきた私たちの心の現れでもあるでしょう。

ここで、もし、「私はどうすべきか?」ではなく、「私はどうありたいのか?」と自問したなら、必然的に心の奥深くの願いに触れることになるでしょう。そして、さらにその願いに基づいて行動し始めれば、「私にそれができるだろうか?」という不安はさほど起きなくなるでしょう。なぜなら、自己の真実と触れる体験そのものが大きな喜びであり、そこから行動する人生は、不安や疑問ではなく、勇気と活力に満たされるからです。

ヨガの本質は真実の探求であり自己の探求です。表面上の問題を解決をする為ではなく、私たちの存在の源へ回帰するために先人たちが探求してきた道です。現代人にとってヨガが癒しとなりセラピーになるとしたら、この自己探求は重要な鍵となるのではないでしょうか。

私は「どうありたいのか?」という答えをクライアント自身の力で引き出す「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」のセラピスト養成コースが、2020年1月から開講します。
責任あるプロフェッショナルなヨガセラピストとして、クライアントの気づきのプロセスを統合していきたい方は、ぜひ検討してみてください。

「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」の一般コース
[基礎1] 2019年7月14日(日)、15日(祝/月) [2日間/16時間]
[基礎2] 2019年8月11日(日/祝)、12日(月/振替休日) [2日間/16時間]
[応 用] 2019年9月19日(木)〜9月23日(祝/月) [5日間/42時間]

「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」の養成コース
このコースでは、約1年に渡って自宅で行われるプログラムに加え、2回の集中プログラム(オリエンテーションとミッドターム)が行われます。
期 間:2020年1月〜2020年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です