よくある質問

ここでは、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)の「一般コース」及び「養成コース」に関する質問についてお答えします。

ヨガ指導者やヨガ実践者にとって、PRYTの体験やそのプログラムへの参加はどのように役立ちますか?
ストレスによる体調不良だけでなく、鬱やトラウマなどで日常生活にまで支障をきたす人々が増える中、体の健康だけでなく「心のケア」を求めることが一般的になってきました。
ヨガ指導者にとって、PRYTは、「アシストやプライベート・レッスンへの応用」「生徒をエンパワーする指導力の向上」「心のケアができるヨガの指導者」という観点から役立つでしょう。[詳しくはこちら]
また、ヨガ実践者にとっては、「ヨガと自分への理解が深まる」「自己観察力を高める」という観点から役立つことでしょう。[詳しくはこちら]

セラピストを目指すかまだ分からない段階でも、参加できますか?
参加できます。「PRYTの体験をしたい」「プログラムの様子をみたい」ということであれば「一般コース」を、できれば[基礎]から[応用]までを通して受講されることをおすすめします。PRYTの本格的なトレーニングは「養成コース」からとなりますが、養成コースの受講にあたっては一般コースの修了が条件となるため、実際のトレーニングは一般コースから始まっているとも言えます。

参加条件として、ヨガやPRYTの体験は必要ですか?
また、プログラムを受講する上で、今からできる準備があるとしたらどのようなことでしょうか?

【ヨガの体験について】
ある程度のヨガ体験があるとよいでしょう。米国で開催される同プログラムでは、1年ほどのヨガ体験が条件となっていますが、最近はメンタルヘルス専門家も参加するようになり、この条件は緩んでいます。

【PRYTの体験について】
以前、クリパル・ジャパンにて開催していた「ヨガセラピー入門」や集中コース「ヨガセラピー」の受講経験がない方は、PRYTのオリエンテーションクラス「フェニックス・ライジングを体験しよう!」、または、グループセッション「Life Transformation」の受講をおすすめします。さらに、個人セッションの体験があるとよいでしょう。

PRYTにおいては、「見守る」「共にいる」「待つ」「信頼する」「委ねる」「共感する」というテーマと常に向き合うことになります。それはすべてが「今、ここ」に存在するというあり方に繋がってきます。さらに「意図」を持つということの意味が、セラピーでは非常に重要になってきます。プログラムの受講を検討されている方は、このようなことに注意を向けてヨガや瞑想、そして、日常を送ることがよい準備になるでしょう。
このような事前の準備をおすすめするのは、PRYTが他のヨガセラピーと非常に異なるアプローチをしているからであり、参加するからにはそれぞれの求めるものを得てもらいたいと願うからです。

一般コースの[基礎]と[応用]の違いは何ですか?
[基礎]は、PRYTの原則を習い、実践する場です。技術面も体験も基本的なことになります。
[応用]は、技術面もさらに高度になり、その体験は自ずと深まっていきます。

養成コースは、一般コースから続けて受講する必要があるのでしょうか?
まずは一般コースのみを受講して、養成コースは時期を見計らって受講することも可能です。
ただし、米国でのプログラムでは、養成コース(レベル3)に進むには、1年以内に一般コース(レベル1と2)を受講している必要があり、1年以上の間隔が空く場合、一般コース(レベル1と2)を再受講することになっています。

しかしながら、日本での養成コースは、当面の間、1年に1回程度の開催頻度になると想定されるため、特例として当面は3年以内であれば、養成コースに進めることになっています。ただし、一般コースのアシストに入ったり、復習にあたる補講プログラムを受けるなどの対応が必要となる可能性があります。

養成コースはどのくらいの頻度で開催される予定ですか?
日本での養成コースは、今後も継続する予定ですが、当面の間、1年に1回程度の開催になる予定です。

IAYT*認定トレーニングということですが、一般コースと養成コースを修了すると、IAYT認定セラピストになるのでしょうか?
IAYT認定セラピストになるには、954時間の履修をする必要があります。
PRYTトレーニングは、一般コースから養成コースまで600時間のトレーニングなので、その後、以下の追加プログラム354時間を受講することになります。

1. Anatomy & Physiology I & II
2. Therapeutic Yoga Teacher Training Advanced:Themes and Sequencing
または、Group FacilitatorTraining
3. Mentoring for Yoga Teachers:Intention into Action
または、Therapeutic Life Mentoring
4. Lifestyle and Subtle Body
または、Ayurveda Advanced Professional Practice

*IAYT(International Association of Yoga Therapists)
ヨガセラピーのトレーニングを認定する米国の団体。PRYTはIAYTが最初に認定した10のトレーニングの一つで、長年の実績を持ったトレーニングとして、また、身体面に限定した他のヨガセラピーとは一線を画すアプローチとして評価されている。